絶対避けたい強制退去

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お財布家賃を数ヶ月滞納してしまうと本当に強制退去となる可能性もあります。再三の督促に応じないとかなり厳しい方法で強制退去となってしまうかもしれません。基本的に一ヶ月家賃を滞納しただけなら手紙での督促にとどまりますが、二ヶ月も滞納が続くと電話による督促が始まり、その後は直接家にまで来て支払いの催促があります。そしてやがて家賃の徴収をあきらめ、退去するように連絡が来ます。しかし多くの場合家賃を支払えない人には引っ越しをするための費用もないので、その後強制退去となってしまう可能性も高いわけですが、強制退去となる場合には裁判所からの訴状が届きます

強制退去になる場合は物件のオーナーが強制退去を命じる裁判を起こしていたということですので、この段階になって自分がかなりマズい状況に置かれていることにやっと気づく人もいます。実際の強制退去の日というのは自分の荷物を無理やり出されてかなり悲しい状態が待ち受けていますので、やはり家賃滞納というのは一ヶ月といえども陥りたくない状態と言えます。もしも家賃が支払えなさそうな月があったら早い段階で手を打つようにしましょう。家族や知人を頼ることもできないのであれば利用方法と返済をしっかり考えてキャッシングで切り抜けるといのも一つの方法です。

色々あるキャッシング

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

カードキャッシングの返済も一括返済もあれば、リボ払いもあるので、上手に利用するならば一時的なピンチを上手に切り抜けるためのアイテムとして用いることができるでしょう。もちろんすぐに次の月もまた家賃が払えないような事態になるのであれば、生活や支出、住まいなどを根本的に見直す必要が出てくると思いますが、なにかの事情である月だけ家賃の支払いが難しくなったときなどはキャッシングなどを巧みに用いることによってピンチを逃れることができるでしょう。そのようなときになって焦らないようにするためにもキャッシングを使えるカードを持っておくというのも良い方法です。

実はすでに手持ちのクレジットカードの中にキャッシング枠があるものがあるかもしれません。あるいは一からカードキャッシングを利用するのであれば、クレジット機能が付いていないものを作ることもできます。カードキャッシングも消費者金融系のものから銀行系のカードローンまでさまざまですので、長い目で見て自分が使いやすそうなものを選ぶことができます。もちろん各会社によって金利なども違ってきますので注意して選ぶようにしましょう。また初回の利用時に一定期間無利息というサービスのカード会社もあります。

キャッシングを活用

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

電卓基本的に家賃を滞納してしまった場合、その次の月に二ヶ月分を支払うことが雪だるま式に滞納が重なってしまうことを避けるベストな方法なわけですが、仮に家賃が6万円だと仮定しましょう。一ヶ月なにかの事情で滞納してしまった場合、次月には二ヶ月分の12万円を支払う必要があるわけです。しかし次の月には次の月の生活があり、どんな急な出費があるかわかりません。したがって、まとまったお金を取っておくということ自体が困難になる可能性も高いです。そこで不足分を一時的にカードキャッシングにて補うという方法で乗り切ることも考える必要があるかもしれません。

例えばギリギリでやりくりをしていて、家賃6万円のうちの1万円だけとか2万円だけ足りないという場合、キャッシングでその現金を手に入れて無事に家賃を支払い、キャッシングした分を次の月などにやりくりをして返済するという方法です。ではもしも家賃6万円を丸々用意できない場合はどうでしょうか。前述したように、6万円ものお金を滞納して、次の月に二ヶ月分を一気に支払うというのは本当に大変です。ですから、キャッシングで6万円を借り入れして家賃を支払い、キャッシング分の6万円の返済は分割返済にするという方法もあります。

家賃の滞納は恐い

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

マンション生活の中で毎月の支払いをきちんとこなしていくというのは大変なことです。特にギリギリの経済状況で頑張っている人にとっては、毎月終盤に多くの引き落としが集中しているあたりなどは胃がキリキリ痛むような思いをしてやりくりをしている人も少なくないかもしれません。そんな毎月の支払いの中でも基本的に一番大きい支出が家賃ではないでしょうか。家賃の滞納は非常に恐いもので、取り返すのがとても難しくなります。例えば携帯代や電気代などとは違い金額が大きいため、一度滞納してしまうと、次の月に二ヶ月分支払うといっても、かなり大きな金額になってしまうため、かなり賢くやりくりをしないと、滞納分を解消すること自体が難しくなってしまうわけです。

どんなものでも数回滞納が続くと契約が強制的に解除されてしまうことが多いですが、家賃滞納により家の契約が解除されてしまうと一大事です。もちろんいきなり強制退去となるというよりも、不動産業者から督促状や場合によっては直接の訪問により滞納家賃の督促がおこなわれるケースがほとんどですが、このくらいまで滞納してしまうと、家賃の場合滞納総額が20~30万円くらいもしくはそれ以上となっている可能性もあり、支払えるめどがつかなくなってくる可能性もあります。こうした最悪の事態を避けるためにも、最初に滞納の可能性がある時点でなんらかの手を打つ必要があります。一つの方法としてはキャッシングの一時利用でその場を凌ぐという方法があります。