家賃の滞納は恐い

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

マンション生活の中で毎月の支払いをきちんとこなしていくというのは大変なことです。特にギリギリの経済状況で頑張っている人にとっては、毎月終盤に多くの引き落としが集中しているあたりなどは胃がキリキリ痛むような思いをしてやりくりをしている人も少なくないかもしれません。そんな毎月の支払いの中でも基本的に一番大きい支出が家賃ではないでしょうか。家賃の滞納は非常に恐いもので、取り返すのがとても難しくなります。例えば携帯代や電気代などとは違い金額が大きいため、一度滞納してしまうと、次の月に二ヶ月分支払うといっても、かなり大きな金額になってしまうため、かなり賢くやりくりをしないと、滞納分を解消すること自体が難しくなってしまうわけです。

どんなものでも数回滞納が続くと契約が強制的に解除されてしまうことが多いですが、家賃滞納により家の契約が解除されてしまうと一大事です。もちろんいきなり強制退去となるというよりも、不動産業者から督促状や場合によっては直接の訪問により滞納家賃の督促がおこなわれるケースがほとんどですが、このくらいまで滞納してしまうと、家賃の場合滞納総額が20~30万円くらいもしくはそれ以上となっている可能性もあり、支払えるめどがつかなくなってくる可能性もあります。こうした最悪の事態を避けるためにも、最初に滞納の可能性がある時点でなんらかの手を打つ必要があります。一つの方法としてはキャッシングの一時利用でその場を凌ぐという方法があります。