絶対避けたい強制退去

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お財布家賃を数ヶ月滞納してしまうと本当に強制退去となる可能性もあります。再三の督促に応じないとかなり厳しい方法で強制退去となってしまうかもしれません。基本的に一ヶ月家賃を滞納しただけなら手紙での督促にとどまりますが、二ヶ月も滞納が続くと電話による督促が始まり、その後は直接家にまで来て支払いの催促があります。そしてやがて家賃の徴収をあきらめ、退去するように連絡が来ます。しかし多くの場合家賃を支払えない人には引っ越しをするための費用もないので、その後強制退去となってしまう可能性も高いわけですが、強制退去となる場合には裁判所からの訴状が届きます

強制退去になる場合は物件のオーナーが強制退去を命じる裁判を起こしていたということですので、この段階になって自分がかなりマズい状況に置かれていることにやっと気づく人もいます。実際の強制退去の日というのは自分の荷物を無理やり出されてかなり悲しい状態が待ち受けていますので、やはり家賃滞納というのは一ヶ月といえども陥りたくない状態と言えます。もしも家賃が支払えなさそうな月があったら早い段階で手を打つようにしましょう。家族や知人を頼ることもできないのであれば利用方法と返済をしっかり考えてキャッシングで切り抜けるといのも一つの方法です。