キャッシングを活用

お金が必要(若者)8

基本的に家賃を滞納してしまった場合、その次の月に二ヶ月分を支払うことが雪だるま式に滞納が重なってしまうことを避けるベストな方法なわけですが、仮に家賃が6万円だと仮定しましょう。

一ヶ月なにかの事情で滞納してしまった場合、次月には二ヶ月分の12万円を支払う必要があるわけです。しかし次の月には次の月の生活があり、どんな急な出費があるかわかりません。

したがって、まとまったお金を取っておくということ自体が困難になる可能性も高いです。

そこで不足分を一時的にカードキャッシングにて補うという方法で乗り切ることも考える必要があるかもしれません。例えばギリギリでやりくりをしていて、家賃6万円のうちの1万円だけとか2万円だけ足りないという場合、キャッシングでその現金を手に入れて無事に家賃を支払い、キャッシングした分を次の月などにやりくりをして返済するという方法です。

ではもしも家賃6万円を丸々用意できない場合はどうでしょうか。

前述したように、6万円ものお金を滞納して、次の月に二ヶ月分を一気に支払うというのは本当に大変です。ですから、キャッシングで6万円を借り入れして家賃を支払い、キャッシング分の6万円の返済は分割返済にするという方法もあります。

関連記事:絶対避けたい強制退去